レビトラの効果と副作用

色々な薬

レビトラはED治療薬の一種であり、男性器の勃起の補助をすることが基本的な役割です。
男性器の勃起というのは性的刺激や興奮によって血管が拡張することで発生します。
しばらくすると酵素の働きによって血管が収縮するため、勃起が治まるという仕組みです。
しかし、EDになると酵素の働きが強すぎるため、勃起ができなくなってしまうということです。
この薬には酵素の働きを阻害するという効果があるため、男性器の勃起を補助する効果があります。

レビトラは食事の影響を受けにくいことが特徴ですが、全く影響を受けないというわけではありません。
成人男性の場合、1食あたりのカロリーは700kcal程度とされています。
標準的な食事量なら問題ありませんが、食べ過ぎた場合は効果が出にくくなってしまうこともあります。
また、脂肪分が多すぎる食事についても注意が必要です。

レビトラは安全性が高く、重篤な副作用のリスクはほとんどないと言われています。
しかし、顔のほてりや目の充血、頭痛、動機、鼻づまりといった軽度な副作用は発生することがあります。
このような症状が出てしまうと気になってしまうかもしれませんが、これは体に悪影響を及ぼすものではありませんし、薬が効いてきた証拠だと考えることができるでしょう。
副作用が発生しても数時間程度で治まることが多いため、そこまで心配する必要はありません。
長く続く場合はドクターに相談してみましょう。

レビトラには併用禁忌薬があるため、他の薬を服用している場合は注意が必要です。
それぞれは効果的な薬でも併用することで重篤な副作用が発生してしまうことがあります。
また、薬の効果が無くなってしまうこともあると言われています。
このようなリスクを避けたいという場合、レビトラを処方してもらう時に自身が飲んでいる薬をきちんと確認しておきましょう。
また、別の病気で薬を処方してもらう時もレビトラを服用していることを伝える必要があります。

レビトラの食事時間への影響

ED治療薬の一つであるレビトラの効果を十分に得るためには、服用をするタイミングが大切になります。
最も良きタイミングとしては、空腹時です。
食事をしてから服用した場合、レビトラの効果を十分に感じることが出来ない可能性があります。
なお、他のED治療薬に比べると食事の影響は少ないとは言われていますが、十分に注意をする必要があることには変わりありません。

ED治療薬は、服用後、胃で溶けて体に有効成分が吸収されることで効果を得ることが出来ます。
空腹時は早く吸収されますが、胃の中に食べ物が入っているような状態では、有効成分の吸収が遅れてしまうことが考えられます。
レビトラは、標準的な食事の影響は受けないとされていますが、この標準的な食事は、カロリーで言うと700kcal程度、脂質の割合が30%以下とされています。
つまり、脂質やカロリーの高い食事を食べた場合には、影響を受ける可能性があるということです。

食事の影響を受けることなく服用する方法としては、まず食前に服用をするということです。
食事の30分以上前に服用することによって、食事の影響を抑えることが出来ます。
また、食後の服用については食事から2時間ほど経過してから服用すると良いでしょう。
食事の内容があっさりとした物であれば、食後すぐに飲んでも影響を受けにくい可能性はありますが必ずしもそうであるとは限りませんので、注意が必要です。

レビトラは、併用禁忌薬があります。
日常的に医薬品を服用しているという場合には、併用禁忌薬ではないかどうかを確認するようにしましょう。
また、服用方法によって副作用が生じる可能性があります。
効果が見られないからと言って、さらに追加で飲むという事は避けるようにしましょう。