バイアグラの効果と副作用

考える女性

バイアグラは世界で初めて製品化されたED治療薬として知られており、1998年の発売以降、多くのED患者に愛用されています。
日本では1999年に認可されていますが、薬局やドラッグストアでは販売されておらず、入手するためには病院で処方箋を交付してもらう必要があります。
これは、バイアグラの正しい服用方法をレクチャーすることで、重大な副作用を引き起こすリスクを回避するためです。

バイアグラに含まれるシルデナフィルには、PDE5と呼ばれる酵素の分泌を阻止し、cGMPと呼ばれる成分の働きを促します。
PDE5が過剰分泌するとcGMPが壊されてしまいますが、このcGMPこそ、陰茎部の筋肉を弛緩し血行を促す働きを持つ成分であり、シルデナフィルの効果で活性化させることで、正常な勃起力を取り戻すことが可能となります。

バイアグラを服用することで、陰茎部だけでなく体のあらゆる血管が拡張されることから、頭痛やほてり、消化不良といった様々な副作用が発生します。
これらの症状は副作用というよりは、シルデナフィルの作用が強く出ているものですから、軽微なものが大半であり、バイアグラの効果が時間の経過によって変化するのとともに症状も治まります。

ただし、服用中の薬がある場合には注意が必要です。
シルデナフィルは狭心症の治療薬として開発されていたものがバイアグラに変化しましたが、同じ狭心症などの治療で使用される硝酸剤や一酸化窒素供与剤も同様に血管拡張作用があります。
したがって、併用することで過度に血管を拡張してしまい、重大な健康被害を引き起こします。
これらの治療薬は併用禁忌薬に指定され、バイアグラとの併用が禁止されています。

また、最近では女性用のバイアグラも製品化されており、主な成分は男性用と同じとの理由から、男性が服用するケースもあります。
しかしながら、女性用バイアグラはあくまでも女性用に開発されたものであり、有効成分の用量も異なり、場合によっては重度の副作用を引き起こすこともあるので危険です。

バイアグラは非常に効果が高く、多くのED患者の症状を改善していますが、同時に副作用や重大な健康被害を引き起こすリスクもあるため、用法や用量をしっかりと守ることが大切です。

バイアグラを彼女に飲ませることは違法

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルには、血管を拡張して血流を促進する効果があります。
血管が拡張されると血圧が低下するため、副作用として軽いめまいを生じる可能性が存在します。
また脳の血管が拡張されると周辺の神経を刺激するため頭痛を生じる場合もあります。
その他にも顔のほてりや鼻づまり、消化不良などの副作用がありますが、いずれも症状は軽いため基本的に問題はありません。
ただし併用禁忌薬を使用している場合や脳や心臓などに障害がある場合は注意が必要です。

バイアグラは狭心症の治療などに使用される硝酸剤や一酸化窒素供与剤、不整脈の治療に使用される塩酸アミオダロン製剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬が併用禁忌薬とされています。
これらの医薬品を併用すると過度に血圧を低下させる可能性があります。
また網膜色素変性症の場合や、直近6か月以内に心筋梗塞や脳梗塞、脳卒中の既往歴がある場合は服用できません。
低血圧や高血圧の場合は、適切な治療が行われていれば服用できます。

女性がバイアグラを服用しても直ちに危険というわけではありません。
女性の性感帯であるクリトリスには、男性のペニスと同じ構造があります。
バイアグラを服用すると海綿体に血液が流入してクリトリスが勃起するため、性的な刺激に対して敏感になるとされています。
また血流が促進されることから膣分泌液の分泌量が増えてペニスの挿入をスムーズにする効果も期待できます。
ただし女性に同意なくバイアグラを飲ませることは暴行罪や傷害罪に該当する場合があります。

女性が併用禁忌薬を使用していたり心臓や脳などに重度の障害がある場合にバイアグラを飲ませると、命に関わる重大な変化が生じることも考えられます。
バイアグラは女性が服用しても直ちに問題となるわけではありませんが、同意なく飲ませると刑事上・民事上の責任を問われる可能性があるので注意が必要です。